塩茹でそら豆【#野菜であと一品】

5月中旬〜6月上旬が旬のそら豆。栽培期間はおよそ半年。
寒い冬や積雪にも耐えて、虫食いや病気にも負けず、ようやく収穫をむかえますが、収穫時期はとても短く保存が効く野菜ではないので、旬の時期にしっかり味わってもらいたい野菜です。

シンプル調理が美味しいそら豆、「塩茹で」ではツルッと滑らかな食感と、すっきりした旨味が楽しめます。ご飯やパスタにアレンジも広がります!

フライパンに少量の水で、充分美味しく茹でられます。

塩焼きそら豆

<材料>
・そら豆
・塩(水500ミリリットルに大さじ1/2)

<作り方>
1.そら豆を鞘から取り出し、割れ目に1cmほど切り目を入れる。
2.フライパンに水、塩を入れ沸騰したら1を入れ2〜3分茹でる。
3.色が鮮やかになり、いい香りがしてきたらザルにあげる。(水には漬けない)
 
余熱でも火が通るので、お好みで早めに湯からあげても良いですね。
しっかり冷ましてからの方が、味がくっきり濃く感じられます。

塩と日本酒を入れ炊き上がった熱々ご飯に混ぜて。

ニンニクとマッシュルームをこんがり焼いたパスタにのせて。
そら豆の風味でご飯、パスタもさらに美味しくなりますよ!

「食は人を良くする最強の習慣」

だから、新鮮無農薬野菜が家に届くと無理なく習慣化しやすいです。
あるまま農園の無農薬<農家直送>野菜宅配でお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です