くし切りカブの塩もみ【#野菜であと一品】

シンプルすぎるけど、新鮮なカブのみずみずしさを感じられる、美味しい食べ方です!

カブをきれいに洗って、皮付きのままくし切りにします。
少々の塩で揉んで出来上がり!アクセントに切った葉っぱをパラリと散らせて。
すぐ食べてもパリッと、一晩寝かせてもしんなりなめらかな食感が楽しめます。

美味しさのポイントは「皮付き」と「くし切り」
皮と実の食感の違い、実の上部分と下部分の違いを、一口の中で味わえるのが醍醐味の食べ方です!
新鮮なカブでぜひお試しください!!

分かってはいるけどつい疎かになりがちな「食の大切さ」を、ちょうど良いタイミングで思い出して頂きたく月2回、シンプルで短いメルマガを送っています。ぜひご登録ください!(1分で登録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です