焼きそら豆【#野菜であと一品】

5月中旬〜6月上旬が旬のそら豆。栽培期間はおよそ半年。
寒い冬や積雪にも耐えて、虫食いや病気にも負けず、ようやく収穫をむかえますが、収穫時期はとても短く保存が効く野菜ではないので、旬の時期にしっかり味わってもらいたい野菜です。

シンプル調理が美味しいそら豆ですが、その中でも最も簡単なのが「焼き」ホクホクで濃厚な味わいが楽しめます。

焼きそら豆

<材料>
・そら豆

<作り方>
1.サッと水洗いしたそら豆を、鞘ごとアルミホイルを敷いた魚焼きグリルで焼く。
2.鞘に焦げ目がついて、白い泡が出てきたら裏返して3〜4分焼く。
3.鞘から豆を取り出していただきます。
 
そのままでも美味しいですが、お好みで塩をかけても。薄皮はお好みで食べることも可能です。

分かってはいるけどつい疎かになりがちな「食の大切さ」を、ちょうど良いタイミングで思い出して頂きたく月2回、シンプルで短いメルマガを送っています。ぜひご登録ください!(1分で登録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です