【農家れしぴ】葉タマネギのジェノベーゼパスタ

・葉タマネギとは?
・葉タマネギの食べ方

葉タマネギって知ってますか?
新タマネギより若い、タマネギの赤ちゃんで葉も食べられるんです。

正直、この大きさで出荷するのは農家的にはもったいないんです。ちゃんと大きな玉ねぎで出荷した方が利益にななるんですが…

4月は端境期(はざかいき)と言われる野菜の種類が少ない事と、市場には出ない「知る人ぞ知る美味しさ」を宅配のお客様とシェアしたい!という気持ちでお届けしています。

上の緑の部分から、下の小さなベビー玉ねぎまで丸ごと食べられる葉玉ねぎ。

まず上の緑の部分ですが、見た感じは長ネギっぽいですが、味わいは別物。とっても風味の良い爽やかなネギ?長ネギと玉ねぎの中間のような奥行きのある甘みのある風味の良さ。ちょっと語彙力も表現力もありませんが(苦笑)ぜひ一度食べていただきたい美味しさです。

下の小さなベビー玉ねぎはいわゆる「新玉ねぎ」の食べ方で。スライスしてサラダに入れる。見た目的には半分にしてグリルするとめちゃ可愛いのでテンション上がりますね!子供のお弁当に入れたりします。

さて、レシピです!

【農家れしぴ】葉タマネギのジェノベーゼパスタ

<材料>
・葉玉ねぎ 3玉
・クルミ  20本
✳︎オイル 適量
✳︎塩   適量
✳︎お好みでパルミジャーノチーズ、オリーブオイルなど

<作り方>
1.葉玉ねぎの青い部分を茹でて5cmに切る。下の玉部分はグリルする。
2.フードプロセッサーで青い部分とクルミ、塩、オイルを撹拌する。
3.茹でたパスタと2のソースを和える。グリルした玉部分をのせる。

最初はペペロンチーノにしようかな、と思いましたがジェノベーゼ!が降りてきて炒め茹でた葉とクルミと塩とオイルをフープロでガーっと。

ベビー玉ねぎはグリルすると、小さくてもとっても甘くて存在感抜群でした!

<農家の小話>

定期宅配のお客様には、このベビーな葉玉ねぎからちょっとづつ大きく育っていく過程をそのままお届けします。農家が畑で感じている「野菜の成長」をご家庭で特にお子さんと楽しんでもらえると嬉しいなぁっと思ってます。

野菜の成長過程を知ると、ますます美味しさを感じられると思います。また「食べる」事を大切だって自然と感覚でわかるようになると思いますよ。情報じゃなく体験・感覚で腹落ちする感じです。

分かってはいるけどつい疎かになりがちな「食の大切さ」を、ちょうど良いタイミングで思い出して頂きたく月2回、シンプルで短いメルマガを送っています。ぜひご登録ください!(1分で登録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です