2020年、春の畑の様子

こぶしの花が咲きました。
さみしかった畑がほころぶような可憐な可愛らしさです。

この時期、春作の準備を進めています。
冬作の片付けをして、トラクターで土を耕します。

今年の特徴は暖冬の影響で雨が多く、湿気があるので乾燥が和らいでいます。この時期の成田は、毎年信じられないくらいの砂埃がたちます。NHKの全国ニュースで取り上げられるほどなんですが、それが全くなくて。
あの激しい砂埃がないのは野菜にとっても、人間の作業的にも良い状況です。

気候とは別問題で、2020年の春の話題は「コロナ」で持ちきりです。学校が休校、不要不急な外出は避けるようにと日本全国「おこもり」ムードです。
せめて畑では子供を自由に遊ばせたいです。普段なら学校のパートさんの小学生のお子さんも、特別に来てもらって一緒に作業しました。

もう少し状況が落ち着き、気温も上がって心地よい気候になってきたら、ご希望があればお客様に畑体験をしてもらいたいなぁ、とふと思ったりしました。人間がどんな状況でも、地球は回っているし野菜は確実に育っているエネルギーはやはり独特の空間です。特に都会で暮らしてる方達には何かを感じていただけるような気がします。

「食は人を良くする最強の習慣」

だから、新鮮無農薬野菜が家に届くと無理なく習慣化しやすいです。
あるまま農園の無農薬<農家直送>野菜宅配でお試しください!

分かってはいるけどつい疎かになりがちな「食の大切さ」を、ちょうど良いタイミングで思い出して頂きたく月2回、シンプルで短いメルマガを送っています。ぜひご登録ください!(1分で登録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です