野菜を育てていて、良かった事

年末は玉ねぎ作業です。
この細い針金みたいな苗があの丸い玉ねぎになるのが何回見てても不思議です。

とても寒い冬の屋外で、こんな細っこくて小さな苗が来年5.6月の収穫まで毎日毎日、見た目に全く分からないくらいでも枯れずに腐らずに成長している姿をみると、自分も焦らず雑にならず毎日の事をやるしかないよねっ、て思えます。

まぁ、一方的な勘違いの解釈ですが(笑)野菜が育っている畑を見ると、その時必要な事を教えてもらえる気がします。

これは苗を寒さから守るための「トンネル」と呼ばれる防寒対策です。
あの甘くてフレッシュな玉ねぎを皆さんにお届けするためにここから半年、しっかり見守りながら大切に育てます。

分かってはいるけどつい疎かになりがちな「食の大切さ」を、ちょうど良いタイミングで思い出して頂きたく月2回、シンプルで短いメルマガを送っています。ぜひご登録ください!(1分で登録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です