食料品は不足していません!【農林水産省から】新型コロナウイルス感染症に関する情報について

「コロナ疲れ」なんて言葉もネットニュースで見かけるようになりました。

農家としては、何ができるだろう…と考えて。
農林水産省のHPにあります「国民の皆様へ」お知らせの一部をご紹介しますね。

▼出典元はこちら
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

食料品は不足していません!

米、カップ麺、冷凍食品などは現在、通常通りの生産・供給を行っています。製品在庫も十分にありますので、需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しています。安心して落ち着いた行動をお願いいたします。

食品を介して新型コロナウイルス感染症に
感染したとされる報告はありません

新型コロナウイルス感染症の感染経路は、現時点では飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。食品そのものにより、新型コロナウイルス感染症に感染したとされる報告はありません。

製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。

お手頃価格の野菜で健康維持を!

野菜は、暖冬でキャベツ等を中心に潤沢に出回っており、価格もお手頃です。生産者の方々を支えるため、ご家庭で食事をする機会も増えると思いますので、この機会にぜひ野菜をたくさん召し上がり、バランスの取れた食事で健康維持につなげてください。

誰も正解がわからない状況で、それぞれの分野で情報を共有し検討しできる限りの対応が行われています。

知人の言葉で
「個人の安心」と「国の安全」は別で考えて行動してください
とありました。こんな時ほど、情報の質を考えながら落ち着いて判断行動したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

空豆の花が咲きました

次の記事

2020年、春の畑の様子