伊能歌舞伎米とは?

左からJAかとり木谷さん、生産者黄野さん、生産者・研究会会長匝瑳さん、JAかとり宇佐美さん

千葉県は全体的に平坦な地形が特徴で、全国でも珍しい山地の無い県です。その千葉県の北部にある広大な北総台地(下総台地)とよばれる標高20~50mほぼ平坦な地形にある成田市(旧大栄町)の伊能地域で厳格な基準のもと研究・栽培されているブランド米が「伊能歌舞伎米」です。

引用:関東農政局サイトより

圃場に伺ったのは8/10。大雨大風の荒天後でしたが、圃場の稲は粒が育って頭がだいぶ重いはずですが、倒れておらず根張りよくしっかり育っている様子が感じられました。

圃場にて地元の大先輩生産者さんのお話を聞けるのは貴重です。とても気さくにお話ししてくださいますが、リアリティと言葉の重みが違います。農業の生産現場や構造の課題があっても、日本の原風景である「田んぼのある里山」を大切に毎年欠かさず稲を育て、品質を守っていく生産者としての誇りを感じずにはいられません。

同じ地域で生産をするものとして、とても誇らしく勇気をもらえました。こちらの伊能歌舞伎米の米粉と野菜を使った商品を開発しています。このようなご縁の中から、地域の農業や食についてより学びを深め、皆さんのお役に立てるよう力をつけていきたいです。

分かってはいるけどつい疎かになりがちな「食の大切さ」を、ちょうど良いタイミングで思い出して頂きたく月2回、シンプルで短いメルマガを送っています。ぜひご登録ください!(1分で登録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です