【かぶ】美味しさを引き出す切り方・塩加減

140429 あなたの代わりに野菜メニューを考える農家の嫁・Ukoです^^   【かぶ】美味しさを引き出す切り方・塩加減 ・鮮度 ・切り方 ・塩加減 野菜を生で食べる時のポイント というか、それ以外の行程がないですよね   春のカブは「生」で美味しいです♡ が、「鮮度」の良いものに限ります   「切り方」は 薄くスライスするより 厚みのある「くし切り」が食感を楽しめると思います   果物のように、そのままパリパリ頂くのも良いですが 「塩」で甘みが最大限に引き出されます   いつも塩を始め調味料の分量を記載しませんが 美味しいと感じる味付けは 個人、体調、季節、素材によって違うのでは、 という理由からです   とくに塩加減は 味見をして、その時「美味しい」と感じる量が正解 家族の反応も参考になります   多分、あるまま家の味付けは 身体を動かす仕事をしている旦那がいるので 塩が少々濃いめです   塩加減が決まれば 酢・オイル・醤油などの風味付けで 他のおかずとバランスを考え、味を整えると良いですね   さらに今時期は「葉」も柔らかいので 刻んで和えると 葉のホロ苦さが、より甘みを引き出します 画像では刻んだチコリーも一緒に   「一物全体」のは栄養面での考えではあるようですが 美味しさ的にも理にかなっていると感じます   ただ、かぶに関して言えば 玉1つに対して、葉は2枚が美味しいバランスかと   残りの葉っぱは塩揉みして漬物として 茎部分はお味噌汁の浮き実にすると無駄がありません   Uko]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

雑草退治

次の記事

毎週火曜 カフェ配達