【農家レシピ】菜の花の大根おろしあえ

3月に旬を迎える菜花。繊細な味わいを薄味で食べていただきたい野菜です。火の通りが早いので、サッと茹でて冷まして。出汁で「おひたし」にしても、醤油をかけても美味しいですが「春大根のおろし和え」もオススメです。
大根も冬から春にかけて美味しさが変わってきていて、春の大根はおろしで美味しいです。おろしやすく、冬大根よりおろすのに時間がかからないです。

<材料>
・菜の花 150g
・大根 適量
・醤油 大さじ1


<作り方>
・塩(分量外)を入れたお湯で菜の花をサッと茹でる。(ブロッコリーより茹であがりは早いです!)
・色が変わって、香りがしたらお湯からあげて冷ます。
・冷めきったらおろした大根と合わせて醤油で味を整える。

<農家の小話>
冬から春の訪れを告げる野菜「菜の花」。これほど季節感のある野菜も、なかなかありません。菜花のほろ苦さを食べると「あ、春が来るんだな…」(体感はまだまだ寒い!)と思います。

菜花というと専用の品種もありますが、他の野菜も「花」が咲けば菜の花になります。小松菜の菜花、カブの菜花、からし菜の菜花。そんな中でも農家の中で美味しいと評判なのが白菜の菜花です。癖のない優しい美味しさ。今年は台風で菜花どころか白菜がまったくお届け出来なかったので(涙)、来年こそお届けできるよう精進しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です